24時間ネット受付

24時間ネット受付

西荻窪の外科なら、大沼田メディカルクリニック|駅から徒歩5分

image

外科

一般外科

image

甲状腺機能亢進・低下などの甲状腺疾患。慢性乳腺症などの乳腺疾患。外傷、痔疾患など。

下肢静脈瘤の治療

足の血管が浮き出たり、むくみや足のだるさ、痛みの原因になる下肢静脈瘤の治療を行います。
下肢静脈瘤は日帰り手術や硬化療法などによる治療を行います。クモの巣状の静脈瘤は、短時間で苦痛なく治療をすることができます。

  • 生活の制限はほとんどありません。
  • 手術後でも歩いて帰宅することができます。
  • 手術当日は入浴できませんが、翌日からシャワーも大丈夫です。
  • デスクワークは、翌日から可能です。

※下肢静脈瘤の治療はご予約が必要です。

下肢静脈瘤の日帰り手術について

血管には、動脈と静脈があります。動脈は心臓の強いポンプ作用により、全身に血液を送り出す血管です。
静脈は心臓へ血液を戻すための血管で、流す力が弱いため、逆流をしないように弁がついています。
下肢の静脈は、ふくらはぎのポンプ作用により重力に逆らって血液を押し上げるため、この逆流防止弁の働きが重要となります。
下肢静脈瘤は静脈の逆流防止弁が壊れ(弁不全)、血液が逆流し血管が拡張・蛇行する疾患です。 立ち仕事の方や妊娠・出産を機に発症する方が多く、比較的女性に多い疾患です。静脈瘤には、こぶ状に血管が浮き出たり、網目状やクモの巣状にみえるタイプなどがあります。
症状は様々で、外観、むくみ、重さ、だるさ、こむら返り、かゆみなどがあります。ひどくなると色素沈着や潰瘍ができることもあります。
残念ながら、飲み薬や注射では治せません。
主な治療法としては、圧迫療法、硬化療法、手術療法があります。

圧迫療法

包帯や医療用の弾性ストッキングにより、拡張した血管を圧迫する方法ですが、はずすと元に戻ってしまいます。

硬化療法

硬化剤という薬剤を注射して血管を接着する方法ですが、全ての人に行える治療ではなく、静脈瘤の程度(逆流の程度)やタイプによります。

手術療法

手術療法には、ストリッピング手術と結紮(縛る)術があります。
ストリッピング手術は血管の中にワイヤーを通して抜き取る方法で、短期間の入院を要する場合が多いです。
結紮術は、壊れた血管を逆流しないように局所麻酔をして縛る治療法です。

ページトップへ戻る